11月11日の練習

♪ きみ歌えよ ① 「きみ」の「み」、スタッカートにはしないように。② 5小節目の「うた」は「ソソ」、7小節目の「うた」は「ファソ」、音が違うので、気をつけましょう。③ 13小節目のソプラノ、息を吸う時から、出す音をイメージしながら息を吸いましょう…

11月4日の練習

「君歌えよ」 音取りを始めました。 P6までで時間切れでした。 パート変更箇所 ①11小節ソプラノ2は20小節2拍までアルト。 ②41小節ソプラノ2は58小節までアルト ③41小節バスは4拍目を歌わず43小節から46小節の2拍目までテナー、46小節の3拍目(ひとり)からバ…

10月7日

おんがく 中間部をしつこく練習しました。 ① 「めもつぶって」の「め」の響き。 ② 3ページ上段、男性「おんがくに顔寄せていたい」の「い」を弱くからクレッシェンドを忘れずに。 ③ 3ページ中段、「口に含んで」の「で」の声、押し出さずに柔らかく。 ④ 「…

9月30日の練習

おんがく ① 冒頭の「かみさまだったら」の「だ」の響きを高めに。② 1ページ下段の男声、「みみを」の声豊かに。「ふさいで」の「ふ」の子音。「で」は柔らかく。③ テノールの「ふさいで」の音、43小節目と混同しないように。④ 2ページ中段のソプラノ「な…

9月9日の練習

♪ 見上げてごらん夜の星を① 若々しくうたいたいですね。。。② 7ページ中段21小節目、「Uh」アクセントつけてうたい、弱くし、だんだん強くしてから、「そっと」はとても弱くしましょう。③ 7ページ中段21小節目の男声 「かなしい」の「か」の響きをシッ…

9月2日の練習

「見上げてごらん夜の星を」 ① 「とおいとおい空の下で」の「たで」は速く。そして、「で」の響きを落と さない・アクセントをつけないように。 ② 「ひとりぼっちにおもえたら」の「たら」も同様。 ③ 6ページ4段目の「おもいだしてほしい」の「おもい」の…

8月19日の練習

今日は「見上げてごらん夜の星を」から練習しました。 「見上げてごらん夜の星を」① 出だしの声の響きを高めにしましょう。② 7ページ中段の女性「Uh」、歌い出しにアクセントをつけて、すぐに弱くし、クレッシェンドしましょう。③ 7ページ中段の「そっと」…

8月5日の練習

今日もとても暑い日でした・・・・。 ♪ 見上げてごらん夜の星を ① 曲の始めの響きを高めにしましょう。② 「空のしたで」の「たで」、「おもえたら」の「たら」は、速く。③ 6ページ4段目の「思い出してほしい」の「い」、柔らかな響きで④ 7ページ中段の「…

7月22日の練習

とても暑い日が続いていますね、熱中症にはくれぐれも気をつけてください。 「おんがく」※ 1ページ下段最後、8小節目「みみをふさいで」テノールの主旋律はバス全員も歌う。テノールの「みみをふさいで」の後に、バスの「みみをふさいで」の音に戻る※ 3ぺ…

7月15日の練習

暑い日でしたが、多くの方がいらっしゃいました。新人さん、3人きました。 「おんがく」 2P1段3段ソプラノ〜体幹をしっかり保って 3P2段ソプラノ、バス〜「シャ」はっきり出す 4P2段5P1段テナー〜出だしはっきり 全体的にソプラノが弱く高音がしっかり出てま…

6月10日の練習

おんがく ① 冒頭、ソプラノの『か』を吸うように出す。吐き出さない。 ② 『みえるのかしら』の『みえ』を横に開かないように ③ 2ページ上段の『みみ』、後の『み』の方が音が高いですが、最初の『み』をはっきり。『みみ』を滑らかに ④ 2ページ下段『め』…

6月3日の練習

♪ おんがく ① 冒頭のソプラノの「かみさま」の「か」 息を吸いながら歌い始めるつもりで② 1ページめ上段の「みえるのかしら」の「ら」は弱くからはじまり、だんだん大きく。弱くしないとクレッシェンドできませんよ③ 「みえるのかしら」の「かしら」の響き…

5月13日の練習

『おんがく』 ① 冒頭の『か』の響きに気をつけましょう(特にソプラノ) ② 1ページ『みえるのかしら』の『え』顎に力を入れないように ③ 『かしら』の『ら』弱くから、クレッシェンド(だんだん強く) ④ 2ページ上段『おんがく』の『ん』を喉絞めないように。…

5月6日の練習

♪ おんがく なかなか難しい曲です。 ① 8小節目のクレッシェンド<をつけましょう。4拍目までしっかり伸ばして、ブレスの時間を短く。 ② 2ページめの『耳をふさいで』の『ふ』の発音をしっかり。 ③ 2ページ中段の『眺めていたいー』の『いー』の長さを意…

4月22日

おんがく 4ページの33小節まで音を取りました。難しい曲です。 テナー10小節〜付点四分音符をタイとして考えて、「オ」を入れる。 バスも10小節を「オ」という。 ソプラノ11小節~「んが」は同じ音。 ソプラノ12小節〜レのナチュラルの音注意 ソプラノ下17…

4月1日の練習

すみれの花咲く頃 ① 女声、冒頭のUh、2小節間で、クレッシェンド、デクレッシェンド ②女声、「はるナにゆエ、ヒとは」のナ、エ、ヒ のドの音を高く ③ 6ページ中段、「なやましき春の」クレッシェンド、夢に向かって。 ④ 「あまきこい」、デクレッシェンド …

3月18日の練習

「すみれの花さくころ」から練習しました。 ① 6ページ上段 「はるすみれ、サき」の「サ」、「春ナにゆえ」の「ナ」を揃えましょう。② 6ページ上段〜中段、「Uh」2小節単位のクレッシェンド・デクレッシェンド<>を忘れずに③ 6ページ下段、女性「Ah」、…

3月4日

「いのちの歌」 声が揃ってきました。ソプラノさん、とっても良くなりました。 P1、二段「いき」:姿勢に気をつけて音をまとめましょう。 三段、女声:男声を引き立たせて。15小節、17小節は少し出しても大丈夫。 P2、三段目、ソプラノ、テナー:「そんな時」「…

2月11日の練習

今日は、すみれの花さくころ、から練習しました。 ★ すみれの花さくころ ① 6ページ上段 女声1小節目クレッシェンド、2小節目デクレッシェンド、3小節めクレッシェンド、4小節目デクレッシェンド ② 6ページ中段、最初「なにゆえ」の「え」の響きを縦に…

2月4日の練習

♫ いのちの歌 ① 1ページ下段「この星」の「ほ」の響きを高めに ② 2ページ中段 「泣きたい」の「な」、「Nな」ように、「N」を意識しましよう。 ③ ↑ は、シッカリと声を出しましょう。 ④ 2ページ中段 「なげくひも」が弱弱しくならないように。特にソプ…

1月14日の練習

今年初の通常練習でした。 ♫ いのちのうた ① 「いきてゆくことのいみ」の「て」を「ゆ」に繋ぐように歌いましょう。 「といかける」の「か」、「むねをよぎる」の「を」・・・も同じように ② 1ページの下段、女声、、、「Uh」、ジュレみたいなものを吸うよ…

1月7日の練習

今日は、今年初めての練習でした。。。 ♪ いのちの歌 ① 始めの「いきて」の「い」の響きが浅くならないように、「うぃきて」で練習してみました。 ② 「いきて」の「て」、「といかける」の「か」、つまり1拍目の音を柔らかく歌いましょう。アクセントつけな…

12月10日の練習

今月は、10日の通常練習のみですね。 ♫ いのちの歌 ① 2ページ 上段 ソプラノ 19小節目の「Uh」、シレドシ の声。前から押し上げないように。後ろから回すつもりで。 ② 2ページ下段、ソプラノとテノール「そんなとき」 デクレッシェンド(だんだん小さ…

11月12日の練習

♪ いのちの歌 ① 曲の出だしの「い」を、縦の響きで。 ② 1ページの女性、音が高い「生きてユくことの」「といかケる」 「ユ」「ケ」の声。 高い声を歌う用意しましょう ③ 1ページ最後、ソプラノ 14小節目と15小節目の間でブレスします。15~17小節目…

11月5日の練習

今日から新しい曲です ① いのちの歌 間奏の手前まで、音取りをしました。 今日は、音を確実にとるために、強弱はつけていません。 2ページ中段、「ぜつぼうに」の「に」の響きが、つぶれないように。。音に慣れたら気をつけましょう 2ページ中段、最後の小…

10月8日の練習

いよいよ来週が合唱祭になりましたね。 ほらね、 ① フレーズの出だし、楽譜に漢字で書いておきましょう。 ② 言葉のはじめをシッカリと。 ③ 2ページ、5ページ、テノール『ほらね』、入りが早くならないように。 ④ 2ページ中段『きあっているよ』の『るよ』…

10月1日の練習

爽やかな1日でした。「Stand alone」から先にやりました。二曲のテンポに差をつけます。「ほらね」は88で活き活きと(Lively)、「Stand alone」は80でゆったりと大きく豊かに。主に「Stand alone」をやりました。 「Stand alone」 ・p8「ちいさな」声をそろ…

9月10日の練習

今日は、小学校近くの神社のお祭りだったようで。。。。 合唱祭まで、今日入れてあと3回の練習となりました。 Stand alone ① 歌い出しを明るく、歌っていて響きが落ちないように ② 8ぺージ、遠くをみつめていた を特に、響きが落ちやすいので。 ③ 8ぺージ下…

9月3日の練習

♫ ほらね、 ① 歌い出しの1小節前から、頬を上げながら息を吸いましょう → 出だしの「か」の響きが変わるので。 ② 9小節~「ふれあっているよ」の響きに気をつけて ③ 2ページ下段のソプラノ・テノール「ひとりじゃない~」の「い」は、もっと弱くから歌い…

8月20日の練習

今日は、小学校ではなく労音センターでの練習で、いつもより狭い場所でした。 【ほらね、】 ① 声の響きが落ちないように歌いましょう。 曲冒頭の低いところなど ② 2ページ上段、ソプラノ、「あめは」の「あ」の声を押さないように。 ③ 2ページ中段のテノー…