3月6日の練習

今日も「あの鐘を鳴らすのはあなた」から練習しました。

① 5ページ 中段 「あえて」の「て」の声の出し方

② 5ページ最後 「つまづいて」の「て」を短くしますが、雑にならないように。

③ 6ページ上段 「さわかな希望」の「き」を丁寧に。「さわかな希望」って、どんなイメージ?

④ 6ページ中段 男性「Ah」の歌い方。横隔膜を意識して。

⑤ サビのところは、しっかり息を吸う事を心がけましょう。だんだん息がしっかり吸えず、声が浅くなってくるので

⑥ 8ページ 中段 男性「こころが」のリズム

⑦ サビの「人はみな」が「糸はみな」に聞こえるので、「H」の子音をしっかり。

⑧ 10ページ最後の「あなた」の声

「春に」

① 同じ音の高さで、詩を音読しました。

② 1ページの3段目 「目に見えないエネルギー」の「エ」が遅れないように。「ギー」の歌い方。

③ 1ページ4段目「伝わってー」の声。

④ 2ページ 「ぼくの腹へ」の「のー」「へー」弱く。短いわけではないです。

⑤ 2ページ 2段目 「叫びとなって」のデクレッシェンドを忘れずに。次の「こみあげる」が引き立つように。

⑥ 2ページ 5段目アルト「いかりが」の声をしっかり横隔膜を意識して

⑦ 3ページ2段目アルト 「うずまき」の入り、ハッキリと。タイをとって16分休符にしましょう。

⑧ 3ページの3段目 アルトだけが歌う「する」 の「す」のSをシッカリ。

⑨ 3ページの4段目男性、「なんだろう」の歌い方

⑩ 3ページ5段目男性、「てを」の「て」を丁寧に

※ 「じっとしていたい」など、願望の「ーいたい」の「い」母音が硬くならないように。「痛い」にならないように(笑)

※最後の「こみあげるー」の切り合わせをそろえましょう

記:T

広告を非表示にする