読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5日、落葉松の練習

今日は大雨の中、多くの方々が練習に参加してくださり、ありがとうございました。

合唱祭までの1週間、体調管理に気を付けてください。

① 冒頭の「からまつ」の「ら」が下がりやすいので、ラの音「ラララララ〜」で、「からまつの」を何度も練習しました。

ラの音のポジションを意識しながら歌い出しの「か」を歌いましょう。

「か」を歌っている時から、次のラの音の「ら」を意識しましょう。

② 「わたしの」「こころが」のクレッシェンド<、デクレッシェンド>を忘れずに

③ 「からまつの」のフレーズは、ゆっくり「から」と歌うフレーズと、テンポの中で、8分音符(ゆっくりしない)で歌うフレーズがあるので、気を付けてください。

④ ソプラノの「わたしの思い出がぬれる」の「の」「が」は、軽く歌いましょう

⑤ 3ページ上段2小節目、アルト、テノール、バスのハミングをもう少し弱く。P(ピアノ)ではなくPP(ピアニッシモ)で。

⑥ 3ページめ、最後の小節「めがぬれる」のタイミング、ここはアルトとバス、揃えましょう。

⑦ 4ページ2段めソプラノのハミング、半音で下りるところをていねいに。そして、次の小節クレッシェンドをかける。

⑧ 5ページ3小節目アルト、「あめに」の「め」の音、下がりやすいので、「め」気を付けましょう

⑨ 6ページ 2段め「よるのあめに」の「あ」、口を縦にしましょう。

⑪ 6ページ下段 「の」「が」弱く

⑫ 最後の「ぬれる」の「れ」の響きを、高めに(強いのかな?)

⑬ ソプラノ3ページ 「ことりのあめに」〜「めがぬれる」の発声

⑭ 曲を通して、姿勢にきをつけましょう。姿勢が崩れると声にもよくなく、発声もくずれますよ

記:T